にんにく生姜副作用

女性のための健康家族のにんにく生姜って?

真夏や真冬、季節の変わり目など、
なんだか元気が出ない日が続くときってありませんか?

 

なんとなく不調が続くというか…。

 

そんなときは元気の源、「伝統にんにく卵黄」を飲んでいたのですが、
「にんにく生姜」というのもあり、気になっていました。

 

とりあえず「伝統にんにく卵黄」のにんにくパワーのおかげで、
元気な体になってきたので、
今度は冷え性の改善のために、卵黄よりしょうがの方がいいかな?と思ったのです。

 

女性に人気の「にんにく生姜」で元気+冷え性改善を目指していこうと思います。

 

その前に、「にんにく生姜」の副作用について探っていこうと思います!

 

 

にんにく生姜

↑健康家族 にんにく生姜の公式サイトはこちらです↑

健康家族のにんにく生姜の副作用とは?注意が必要なのはズバリ○○な人!

にんにくや生姜は刺激が強いので、食べ過ぎると副作用があります。

 

にんにく・生姜の副作用
にんにく・生姜の刺激により胃腸が荒れる

→胃痛、胃もたれ、腹痛、下痢、吐き気などが起こる場合があります。

 

血液凝固防止薬(ワーファリンなど)を服用されている方は出血が止まりにくくなる場合がある

→にんにくの血液サラサラ効果により、出血したときに止まりにくくなる場合があります。

にんにく・生姜の刺激により胃腸が荒れる

にんにくも生姜も古代からいろいろな薬効が認められていますが、
独特のにおいと刺激がありますよね。

 

どちらも食べ過ぎると胃や腸に負担がかかり、
胃痛、胃もたれ、腹痛、下痢、吐き気などを起こしてしまう場合があります。

 

ただしこれは、生のにんにくや生姜を大量に摂取した場合の副作用で、
にんにく生姜はサプリメントですので、1日の目安量1〜3粒を守っていれば
問題なしです。

 

もともと胃腸が弱い方は、空腹時の服用は避け、
食後や食間に1日1粒からはじめてみて様子をみてみるとよいそうです。

 

慣れてきたら1日2〜3粒飲んでみましょ!

 

血液凝固防止薬(ワーファリンなど)を服用されている方は出血が止まりにくくなる場合がある

にんにくの血液サラサラ効果が血液凝固防止薬(ワーファリンなど)の作用にプラスされてしまい、
出血してしまったときに血が固まりにくくなり、出血が止まりにくくなってしまう恐れがあります。

 

血液凝固防止薬を服用中の方は、医師の指示に従ってください。

 

にんにく生姜 副作用のまとめ

にんにく・生姜の刺激により胃腸が荒れる
血液凝固防止薬(ワーファリンなど)を服用されている方は出血が止まりにくくなる場合がある

といった副作用の可能性があります。

 

にんにく生姜 注意が必要なのはズバリこんな人!

もともと胃腸が弱い人

空腹時の服用は避け、食後や食間に1日1粒からはじめてみましょう!

血液凝固防止薬を服用中の人

医師の指示に従い、摂取を決めるようにしましょう!

 

というわけで、健康な方には副作用の心配はありません!!
ですが、1日1〜3粒の目安量は守りましょう!

 

おすすめサイトはこちら